なぜ乳液が肌に必要なのでしょう。
化粧水だけでは足りないのでしょうか。
乳液は水分だけでなく油分が含まれています。
化粧水で水分を補っただけでは乾燥を防止することが難しいのです。
乳液はせっかく肌に付けた水分が蒸発しないよう油分でフタをして潤いを保つ効果があるのです。
使い方としては洗顔をして化粧水を付けた後しばらくしてから顔全体に付けます。
手で直接付けてもコットンで付けてもよいのですが、油分が多いものは手で直接付けた方が伸ばしやすいでしょう。
乾燥しやす目元は多めに、鼻筋や額のテカリが気になる方は薄く塗るなど肌の状態に合わせて塗り方を工夫しましょう。
最近は乳液の種類もかなり増えてきました。
油分の少ないさっぱりした商品からクリームに近いようなしっとりした商品まであります。
今や乳液は単に保湿以外の効能も求められるようになりました。
紫外線防止や美白効果などいかにも女性に喜ばれそうな商品があります。
また、ファンデーションを塗ったような効果がある商品もあります。
メイクしている時間がもったいないという女性には嬉しい商品です。
これだけ商品の選択肢が増えるのはいいことですが、選ぶのに迷うこともありそうです。
乳液は基礎化粧品ですから、まずは自分の肌に合う商品を選びましょう。
新しい商品を購入する際はサンプルがあれば利用するのも1つの手段です。
たくさんの商品の中から自分に合う商品をじっくり選びたいものです。
こちらも参考にしてください。⇒乳液 必要

関連記事