乳液は水分と油分を乳化させたもので、肌から水分が失われないようにバリアの役割を果たしてくれます。
ニキビは過剰な皮脂が毛穴に詰まりアクネ菌が繁殖することでできるため、毛穴が詰まりやすいオイリー肌の人は乳液を控えた方が良いと言われていましたが、毛穴が詰まるのはオイリー肌の人だけでなく、乾燥が原因で肌が硬くなることでターンオーバーが乱れて乾燥を防ごうと過剰に皮脂が分泌されて毛穴が詰まることもあります。

乳液には洗顔後に浸透させた化粧水の潤いを逃がさないよう、肌に油分で膜を作り、水分の蒸発を防ぐ役割があります。
外部の刺激から肌を守ったり、肌を柔らかく保ったりする役割ももっています。

実は、乳液に含まれる成分の油分の割合は10%から30%ほどでそれほど高くないです。
残りは水分とヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなどです。
化粧水をたっぷりつけただけではなかなか肌に浸透せず、皮脂の多い毛穴に浸透しづらいのです。

そこで乳液をプラスしてあげることで、毛穴に有効成分が浸透するようになります。
つまり、毛穴に詰まってできてしまうニキビ対策には、乳液は必要なのです。
乳液の選び方にもポイントがあります。
肌質に合った油分や使用感のものを選ぶことです。

例えば、乾燥とテカリもある混合肌タイプの人は1種類を全体に使うのではなく、乾燥部分用とオイリー肌部分用の2種類を使い分けること等、部分に合わせた乳液を選ぶことがニキビ対策や肌改善に貢献してくれます。
ニキビ対策としておススメの乳液は、ニキビの炎症を抑える有効成分であるグリチルリチン酸やトラネキサム酸が入っている乳液を選ぶことが特におススメです。

こちらにも詳しく書いてあるので参考にしてください⇒乳液 ニキビ

関連記事