まずはじめに、ワキガとは何なのか。
ワキガの原因はアポクリン腺から分泌される汗が原因で強い匂いを発する体質です。
アポクリン汗は、通常の汗と違い、ミネラルを多く含み皮脂や汚れと混じり細菌に分解されてしまうため匂いが発生します。
このアポクリン腺の量は生まれつき決まっていて、とくに遺伝により量が決まります。
優勢遺伝なので、両親がともにワキガであれば、80%の確率でワキガになります。
そして、成長期である思春期になる頃に発生することが多いです。
思春期なんてとくに、色々気になる年頃なので、治す方法も知りたいですよね。
しかし、それは日本だと手術を受けることになります。
しかし、手術といっても100%治る保証はありません。
50%の確率で再発するとも言われています。
そこで、そもそも手術してまで治さないといけないのかと考えました。
病気ではありませんので、治す必要はないのです。
日本と海外でのワキガに対しての意識の違いがあります。
日本人は10人に1人の割合ですが、海外では7割以上がワキガ体質です、なのでワキガに悩むということがないそうです。
なので、日本人も気になる人は、においを軽減する程度でもいいと思います。
軽減方法は、食生活の改善、脂っぽいものを摂りすぎないようにし、ストレスのない生活を送るように心がけましょう。
こちらにワキガの原因について詳しく書いてあるのでこちらも参考にしてください。⇒ワキガ 原因

関連記事