てんかんでも銀座カラーで脱毛できる?

残念ながら、銀座カラーではてんかんの持病がある人の脱毛はできないことになっています。

てんかん発作が一度でも起こったことのある人の場合、施術の際に使う機械の光に脳が反応し発作が起こらないとも限らないからです。

発作が起こっても銀座カラーは医療機関ではありませんので適切な対処ができません。
そのため、事前に既往歴がある人の契約自体をしないことにしています。

どうしても脱毛を希望する場合は、光ではない別の方法で施術をしてくれる美容外科や皮膚科に相談してみてください。

皮膚科や美容外科と銀座カラーの違いは?

まず、脱毛の方法が違います。
医療機関ではレーザーの使用ができるので、医療レーザーを使った施術となります。

持病がある人の場合も、医療機関が現状で施術を行っても問題ないと判断すれば受け付けてもらえることが多いです。

医療機関ですから、カウンセリングの後に医師の診察があります。

この時に現在の持病の状態や服薬の状況、肌の状態などをチェックしてくれるので安心です。
きちんと正直に申告しましょう。

そして、万が一発作が起こった時の対応も万全です。
ただし、全国展開している美容外科は限られていて、銀座カラーに比べても店舗数が少ないのが難点です。

関連記事